We're making it now自分だけのスタイルで仕事を楽しもう!オリジナルTシャツ作成

TOP > Tシャツ > オリジナルTシャツ > ネット通販でTシャツ作成 > Tシャツ作成

目次

  1. Tシャツ作成は難しくない。大人数での作成がおすすめ
  2. フォントとTシャツ作成
  3. Tシャツ作成で使われる地域
  4. Tシャツ作成をおこなうシーン
  5. 染めでおこなうTシャツ作成
  6. 販売できるオリジナルTシャツ作成
  7. 入稿までが勝負のオリジナルTシャツ作成
  8. 選択できるオリジナルTシャツ作成
  9. 新型コロナウイルスでマラソン大会中止でもTシャツもらえる?
  10. 【思い出】高校のクラスTシャツ見つけたので紹介
  11. クラスTシャツ作成 オリジナルプリント

Tシャツ作成は難しくない。大人数での作成がおすすめ

思い出作りにTシャツを作ろうとする人は大勢いると思います。しかし個人でTシャツ作成をしようとすると、やはり少し値段が張ってしまいます。

そこで、一番おすすめなのが、大人数でのTシャツ作成です。

Tシャツ作りは基本的に自分達でデザインをして、実際の作成は業者の方にやってもらいます。その業者に頼む際、人数が多ければ多い程値段が安くなってきます。

Tシャツの場合20人程で2000円弱が相場になります。もっとコストを抑えたい方は、人数を集ると普通にTシャツを購入するより安くなります。人数を集めて自作のTシャツを手に入れましょう。

フォントとTシャツ作成

ちょっとした事によってTシャツ作成の完成度に差が出る事もあります。Tシャツ作成の完成度を左右する可能性がある事の一つとしてフォントがあります。少し特徴的なフォントを用いてTシャツ作成をするだけでも、かなり印象が違って見える事もあると思われます。

しかし、ユニークなフォントでTシャツ作成をすると、Tシャツ作成を行ってくれる会社のパソコンにそのフォントが入っておらず、対応できない場合もあります。ですので、ユニークなフォントを使用する場合には、注意して利用する様にしましょう。会社のホームページを見ると、対応しているフォントの一覧が掲載されている事もある様ですので、見てみましょう。

tシャツ作成の関連記事

Tシャツ作成で使われる地域

日本で販売されているTシャツの多くは、実はTシャツ作成を多く担当している地域で作られています。東南アジアでは、日本と提携している場所が多くあるため、大量生産のために製品を作ってくれます。

また中国もTシャツ作成で多く利用されているところで、大量生産なら中国がかなり使いやすいとされます。作成されているTシャツには、生産地がしっかりと書かれています。この場所を見ておけば、どこで作られているものなのか把握できます。販売されているもので、日本製とされているのはかなり少ない傾向があり、今は海外が大半となっています。

Tシャツ作成をおこなうシーン

Tシャツ作成をおこなうシーンは増えていて、さまざまなシーンで作成をおこなうようになっています。シーンによって、Tシャツのデザインや素材は大きく変わってきます。スポーツの場合には吸水性の良い素材や、背番号やロゴなどをデザインに入れてもいいでしょう。

また、ユニフォームを取り扱うような業者においてはユニフォームを採用したうえで、新たなデザインを加えてもいいでしょう。アイデアで大きく変わりますので、仲間たちとデザインを決めていく過程も楽しめるでしょう。また、ユニフォームを作成することで団結力が高まり、試合においても良い結果を残せるかも知れません。

染めでおこなうTシャツ作成

草木染めやダイダイ染めなど、手作業でおこなう染めを使用することで、Tシャツのオリジナル度が高くなります。手作業でのTシャツの作成は同じように染めることができないため、世界で唯一のTシャツを作成することができるでしょう。

自然な風合いも出ますのでおしゃれな染めができることで、注目度もあげることができるでしょう。最近ではダイダイ染めをTシャツ作成のサービスとしておこなっている業者もいます。

人と同じようなTシャツを作りたくないという人にはおすすめの方法になります。このように多くのパターンを選択することができますので、自分に理想のTシャツ作成をすることができるでしょう。

販売できるオリジナルTシャツ作成

自分の腕やセンスに自信がある人であれば、自作のオリジナルTシャツ作成を行って販売するという事もできます。販売目的でオリジナルTシャツ作成を行うのであれば、少しでも多くの人が欲しいと思える様な作品にする必要があるでしょう。

オリジナルTシャツ作成のプリントサービスを利用すると、誰でも簡単に作品作りをする事ができます。また、何度もリピートして購入してもらえる様に、定期的にオリジナルTシャツ作成を行って新作を完成させるのもいいでしょう。オリジナルTシャツ作成は簡単に行う事が可能ですが、オンライン限定で販売すると、お店を構える必要もなく、誰でも商品を売る事ができます。

入稿までが勝負のオリジナルTシャツ作成

一旦入稿作業を終えてしまうと、やり直しの作業を行う事ができないオリジナルTシャツ作成は、それまでの段階において、確認作業を繰り返し済ませておく事をおすすめします。

オリジナルTシャツ作成は完成してから、間違っている点が見つかったとしても修正する事はできません。後でこうしておけばよかったと思う事がない様に確認と修正を行ってからオリジナルTシャツ作成の入稿を行いましょう。オリジナルTシャツ作成において複雑なデザインの場合には、よく確認しましょう。また、シンプルなデザインのオリジナルTシャツ作成は小さいミスでも目立ちやすいので、手を抜く事なく確認作業を行いましょう。

選択できるオリジナルTシャツ作成

プリントを行ってくれるお店に依頼してオリジナルTシャツ作成を行う事もできますが、その際にはプリント方法を選択しないといけない事もあります。オリジナルTシャツ作成においてはインクジェットとシルクスクリーンが主に使用されている様です。

それぞれ特徴が異なりますので、自分が行うオリジナルTシャツ作成に合わせてプリント方法を選択しましょう。オリジナルTシャツ作成において枚数が少ない場合にはインクジェットの方が便利で、枚数が増えるとシルクスクリーンの方が便利と言われる事もある様です。オリジナルTシャツ作成について分からない事は自分で調べたり、質問する事もできるでしょう。

新型コロナウイルスでマラソン大会中止でもTシャツもらえる?

新型コロナウイルスの話題で世の中は持ち切りです。集会やマラソン大会は中止はすべきという流れになっています。

すでに東京マラソンの一般の部は中止になりました。プロの部(エリートランナーの部)だけのようです。

東京オリンピックの最終予選的なものなのでこちらは中止にはできないでしょう。この東京マラソンには35000人ぐらいが走る予定だったそうですが、走れなくなりました。

今のところ中止だけれど参加費は返さないという方向らしいです。あまりだれも何も言わないのがなんか違和感を感じます。

東京マラソンではナンバーカード、計時チップ(大会ロゴあり)、ランナーローブ、アルミシート、2020大会公式プログラムを送ってくるようです。

こちらはオリジナルTシャツではなく、ランナーローブなんですね。どこもオリジナルTシャツなのでちょっと変わったことをしているのかもしれません。

まあ、参加賞的なものが送られてくるので全くゼロではないので許してあげようということなのかもしれません。

ほかのマラソン大会も同じように返金はせずに参加賞的なものは送られてくるのかもしれません。

すでにオリジナルTシャツやタオルなどはすでにできているので一部返金よりもそれらの記念品をお送りする方がややこしくなくていいように思います。

名古屋ウィメンズマラソンも一般ランナーの部は中止になるかもしれませんが、その場合は東京マラソンと同じようになるのだろうか?

そんなことを考えながら東京オリンピックの選考会を見る予定です。マラソンの応援は新型コロナウイルスの対応的には問題ないのだろうか?

結構な人が応援に出てくるとおもいます。それともこれも自粛ということなのかもしれませんね。

それならランナーは応援がなくただ単に頑張ってマラソンを走るのでしょうか? それはそれでランナーにとってはきついようには思います。

【思い出】高校のクラスTシャツ見つけたので紹介

【思い出】高校時代のクラスTシャツ見つけたので紹介します。

公開日:2018/05/06

クラスTシャツ作成 オリジナルプリント

公開日:2015/03/11

メニュー

TOP Tシャツ Tシャツ作成 シルクスクリーンで作成する オリジナルTシャツ チームで着たいオリジナルTシャツ 浴衣

オリジナルTシャツを作成したい、より詳しくオリジナルTシャツ作成を知りたい方はこちら