We're making it now自分だけのスタイルで仕事を楽しもう

サイト活用7

オリジナルTシャツのデータを作る

オリジナルTシャツを作成するためには、どの様にデザインを納品すればいいでしょうか。

そのためには、まずお店のホームページにアクセスしてみましょう。そして、デザインの納品方法について確かめてみましょう。

オリジナルTシャツでは、手書きの原稿でも可能としている所もある様ですが、パソコンで作ったデジタルのデータも対応している場合があります。手書きの場合には曖昧な線ではなくて、きれいなはっきりとした線でないとプリントする時に支障が出る事もあります。

データで納品するのであれば、サイズなども確認したいですね。規定に合わない物であれば、再度作り直しとなってしまう可能性もあります。

オリジナルTシャツの新たな導入

オリジナルTシャツの作成は、多くの学校法人や企業団体から大量発注で利用されていました。近年においては個人のファッションとしても、幅広く取り入れられています。自分の好きなロゴやイラスト、写真などが入れられるシステムは、オンライン上でのデザイン設定も可能となっており、さらにプリント方法にも選択肢が幅広く見受けられるようになっています。

シルクスクリーンやインクジェットプリント、刺繍など、目的や好みに合わせて自由に組み合わせられる事はもちろん、カラーやサイズについてもバリエーション豊かなラインナップが見られます。

利用されるオリジナルTシャツ

様々な企業団体や学校などによるイベント開催、ユニフォームとして多く導入されているオリジナルTシャツの作成は、近年、個人での楽しみ方の一つとしても広まっています。自分ならではのTシャツやグッズを手元に置きたいという方にとって興味深いものとされており、インクジェットプリントやシルクスクリーン、刺繍などのプリント方法についても選択できるようなシステムが整えられています。

価格もリーズナブルに設定されている上、一枚からでもオーダー発注することが可能となっているものも多く、より気軽に利用できるサービスとして充実しています。

オリジナルTシャツ作成で特別なプレゼントに

母の日や父の日のプレゼントを何にするか、毎年悩む人は決して少なくないでしょう。お花が好きなお母さんにはカーネーション、お酒が好きなお父さんにはさかずなど、毎年同じものばかり贈るわけにもいきません。

そんな場合には、手作りのプレゼントで感謝を表すこともできます。オリジナルTシャツなら、使ってもらえる可能性も高いです。例えあまり気に入ってもらえなくても、家の中で着たりパジャマ代わりにしてもらえばいいのです。色落ちしないペイントは、筆で描くものもペンタイプもあります。あまり難しく考えずに、好きな柄や文字を描けば出来上がりです。

オリジナルTシャツで記念日をいつまでも心に

イベント、お店の何十周年記念など、特別な機会にオリジナルTシャツを作成することがあります。その時だけしか販売、配布しないものは、後々レア物として価値がはねあがることもあり、着ずに保管しておく人もいる程です。

価値は、関心のある人にしか分かりませんが、当人にしてみれば思い出や思い入れがあるでしょう。洗濯で色落ちしない塗料で、直接描くことも可能です。無地のシンプルなシャツにワンポイントでも描くことで、オリジナルのシャツになります。ボタン、レース、ビーズ、リボンなどの飾りを縫い付けるだけでも印象が変わります。

オリジナルtシャツの関連記事