We're making it now自分だけのスタイルで仕事を楽しもう

サイト活用7

Tシャツ作成の際に選ぶことのできるプリント

Tシャツ作成を行う場合、プリントには様々な種類があり、プリントの種類によって見た目や特性が異なるので、プリントする物のデザインや用途に合わせて選ぶことが大切です。

Tシャツ作成の際に選ぶことのできるプリントとしては、シルクプリント、フルカラー転写、フロッキー転写、発泡プリントなどがあります。

シルクプリントは、最も一般的なプリントで、フルカラー転写は、複雑な色も表現できるので、写真のプリントに適しています。

また、フロッキー転写は、フェルトの様な風合いのプリントで、発砲プリントは、プリントした部分に立体的なふくらみを持たせることができるプリントです。

Tシャツ作成で地味なシャツが様変わり

Tシャツは、何枚あっても無駄になることがありません。しかしながら、色や柄が気に入らず着なくなってしまうシャツもあります。そのような場合には、リメイクTシャツ作成をすればずっと着られるでしょう。

柄がすでにある場合は、ビーズ、レース、リボン、端切れを縫い付けます。刺繍を施してもいいです。色が好きでないなら、全体を染め直すと風合いが変わります。玉ねぎの皮をたくさん集めて煮出した液につけると、黄色が出ます。紅茶のバッグ、ブドウジュースでもできます。秋にはドングリなどの木の実を集めて煮出すと、薄い茶色に染め上がります。

Tシャツ作成で子供の成長を記録する

子供の描いた作品は、簡単な落書きのようなものでも、なかなか捨てられずにたまっていくものです。まめに整理をしていきたいと思うものの、どのようにしていいのか途方にくれることがよくあります。

そのような時には、作品を写真に撮ってTシャツにプリントすることができます。Tシャツ作成をすれば、着る度に作品を思い出すことができます。Tシャツにプリントできなかった作品は、収納に無理のない大きさの箱を決めて、そこに入るだけ残しておいてもいいでしょう。ひもに洗濯ばさみでとめて、飾っておいても部屋のアクセントになります。

Tシャツ作成のおかげで心に残ったこと

Tシャツ作成をして、プレゼントにしようと商品を販売する店があります。特に、出産祝いに贈るケースが多いようです。洗濯しても色落ちしないペイントで、てんとう虫、ちょうちょなどのかわいらしい絵柄を前側に、産まれた子供の名前を後ろ側に描いているのが人気のデザインです。

贈られた方は、子供に着せられる上、記念にとっておきたいと思うでしょう。子供が大きくなっても、幼い頃に着ていた服は飾っておいてもかわいらしいものです。名前は十人十色なので、それこそオリジナルのシャツが完成します。子供が大きくなったら、小さい頃に着ていた服として記念に渡すのもいいでしょう。

Tシャツ作成のデザインシュミレーターについて

昨今においてはさまざまなTシャツ作成の業者が見られ、どの業者においても多くのサービスを展開されています。どの業者を選んでも既製品のような仕上がりが期待できる場合には、オンライン上でのデザインシュミレーターをおこなっている業者がおすすめです。

デザイン力がない場合やデザインソフトを所有していなくても、その業者が展開しているデザインシュミレーターを使用することで、手軽にデザインをすることができます。Tシャツのデザインが決まってない場合には、イメージを膨らませることが可能になりますので、そのようなサービスを利用してもいいでしょう。

tシャツ作成の関連記事